カテゴリ:試写会&映画鑑賞( 33 )

試写会「オリエント急行殺人事件」

二子玉川に映画「オリエント急行殺人事件」を
観に出かけてきました。
久しぶりの試写会です。

109シネマズでの試写会でしたので
ゆったりした席で観ることができた。

アガサ・クリスティーの作品の映画化。
大画面で見ると雪崩のシーンなど圧巻ですね。

二子玉川のクリスマスイルミネーション。
b0002577_22401355.jpg
b0002577_22401506.jpg
高島屋のクリスマスツリーも!
b0002577_08520637.jpg

[PR]
by sumikokko | 2017-12-12 09:00 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

スターウォーズの試写会へ

b0002577_19464491.jpg

今日は、友人と二子玉川に新しくできた
映画館に試写会へ出かけてきました。

スターウォーズの試写会です。
子供のころ観た映画ですが、今回は
アニメなんですね。

試写会というとおよそ2時間と思っていたら
約45分の上映でした。

でもね、きれいな映画館で迫力あるシーンを
楽しめました。
スターウォーズをほとんど知らない私でも
楽しむことが出来ました。
たまにはアニメもいいものですね。
[PR]
by sumikokko | 2015-05-29 19:46 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

映画☆マルタのことづけ

川崎市アートセンターに夫婦で
マルタのことづけ」を観に出かけてきました。

マイナー映画でしょうね。
初めてのメキシコ映画かな。

マルタという女性(母親)が死と向かい合いながら
家族そして新しく出会った女性を家族に
向かい入れて病と闘います。

家族は母の死に対して、静かに受け入れる。

母親はすごいと感じるとともに
家族も母親の死を前にして自分の毎日を生きる。

せつない映画でした。

でも、家族で海を見に行くシーンなどは
ほのぼのしていました。
観終わった後、じ~んとくる映画です。

マルタを演じた女性の強さに感動。
私は死を前にして家族とあんな風に
過ごせるのだろうか?

映画館もきれいで、食事禁止だったため
静かに観ることが出来ました。

映画で使われた黄色のビートルかわいかったね。
[PR]
by sumikokko | 2014-12-21 00:54 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

一夜限りの「ドライブインシアター」IN東京タワー

私の大学時代は、トレンディドラマが
流行りました。
ドラマの中で、カップルがドライブ・イン・シアターで
映画観賞しているシーンをよく見かけました。
ドライブ・イン・シアター一度出かけてみたいと
ずっと思っていました。

私の通った中大は八王子の田舎にありました。
ドライブ・イン・シアターが流行った時に
近くにドライブ・イン・シアターができたと思います。
でも一度も出かけたことがありません。

一度出かけてみたい・・・若いころからの憧れでした。
隣には素敵な彼氏が座っていて・・・
今回、そんな私の20代の夢が叶いました。

東京タワーで一夜限りのドライブインシアター出現
これは応募しなきゃ!と思って応募したら見事当選!
日曜の夜なので夫は反対するかと思いましたが
快く連れて行ってくれました。
b0002577_829994.jpg

私たちの車はスクリーンの目の前。
車の中からゆっくり映画「バックトゥーザ・フューチャー」を
楽しむことが出来ました。
b0002577_8293217.jpg

そしてスクリーンの上は東京タワーです。
夫の車にはサンルーフがあるので
サンルーフから写真を撮影しました。
こんなときサンルーフって便利ね!
b0002577_8325199.jpg

ゲストは有村昆さんです。
愛車のデロリアンと一緒に登場。
デロリアン・・・オーナーは誰って思ったら
有村昆さんの愛車だったんですね。
本人かなり気に入っているようですね。
b0002577_8344116.jpg

b0002577_8345311.jpg

映画バックトゥーザ・フューチャーは、10代のときに
観たのに内容すっかり忘れていました。

夫とロスのユニバーサルスタジオに出かけた時に
バックトゥーザ・フューチャーの映画のラストシーンが出てきたことを
映画を観ながら思い出して懐かしく感じました。
夫婦でとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

20代の夢・・・アラフォーで実現しました。
隣には素敵な彼氏ではなく、年をとったおじ様でしたが・・・
良しとしましょう(笑)
b0002577_845281.jpg

我が家の愛車です。
スクリーンの目の前で見ることが出来ましたが
隣には機材が・・・
夫は隣の機材が倒れてきたらどうしようと
ちょっと不安だったようです。

私は、左に止めた車に乗っている若い4人の男女が、
小さな車の中が窮屈なのか、車と車の間に立って
音楽に合わせて踊ったりしているんですね。
我が家の愛車を傷つけないでよと冷や冷やしました。
狭い車と車の間で踊らなくてもいいと思うんだけどね。

また、我が家の愛車の前に最初ワンボックスカーが
あったんですね。
でも、参加者からワンボックスカーが前にあると
見えないとクレームがあったらしく、別の場所に
移動させられてしまったみたい。
応募時に、車種と車のナンバーを書いたのに
どうしてこんなことになったんでしょう?

前列は、普通車かスポーツカーなど車高の低い車が
配置されていたのにね。
最近は、セダンが少なくなりワンボックスカーやRVなど
車高の高い車が多いから、ドライブインシアターって難しいのかも
しれないな~と個人的には思いました。

ちなみに夫は、有村昆さんとデロリアンと一緒
記念撮影に参加していました。
私はスッピンで出かけたので、残念ながら
車の中で待機していましたが・・・(笑)

有村昆さん、テレビを見ない私は彼をよく知りません。
奥さま 丸岡いずみさんの
『仕事休んでうつ地獄に行ってきた』を読んで
彼を知った感じです。
記者のインタビュー(ちょっと意地悪な質問にも)に笑顔で
誠意をもって答えていたのが印象的でした。
少年のような方なのでしょうね。
[PR]
by sumikokko | 2014-10-26 08:37 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

映画★インサイド・ルーウィン・デイヴィス

b0002577_10273269.jpg

ムビチケが当たったので、夫婦で映画
観に出かけました。
ららぽーと横浜の映画館に初めて出かけてきました。

日中はららぽーと渋滞と駐車場が混むと考え
朝8時30分の上映時間を予約し出かけました。

観客は私たち夫婦を含めて5人。
人気のない映画でした。

実際・・・退屈な映画だったな~
[PR]
by sumikokko | 2014-06-07 10:26 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

映画☆魔女の宅急便

久しぶりに夫婦で映画を観に出かけてきました。

つきみ野にある映画館
ここは人が少ないのでお勧め!

魔女の宅急便
アニメは見たかな~~それさえも
忘れてしまった。

映画のロケ地小豆島がとても素敵で
いつか旅してみたいそんな街でした。

映画は・・・私もいつか空を飛べたらって
童心にかえって思いました。
[PR]
by sumikokko | 2014-03-16 14:47 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

映画☆草原の椅子

映画観賞券が当たったので
夫婦で草原の椅子を観に出かけてきました。

宮本輝さんの小説を映画化したものです。

主演は、佐藤浩市
     西村雅彦
     吉瀬美智子

今の社会の現状をリアルに
表現されているような映画でした。
そしてそんな現代を憂う50代の男性たち。
また彼らの悩みやこれからの社会への不安などが
映画ではうまく表現されていました。

後半は、世界最後の桃源郷・フンザでの
ダイナミックな景色が印象的でした。
でも・・・いつか行ってみたい国ではないかな?
個人的にですが。

映画としては、上映時間が2時間半も長いため
後半は少し退屈になってしまいました。
眠気もちょっと・・・
[PR]
by sumikokko | 2013-02-25 11:02 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

試写会★東京家族

山田洋次監督の50周年記念作品ですね。

私、大学時代「映画論」をとっていました。
その授業で先生が小津安二郎監督の『東京物語』を
絶賛していました。
小津安二郎監督の『東京物語』から60年。
現代版「東京物語」と言ったところでしょうか?
この作品は。。。

瀬戸内海の小島で暮らす両親が
東京で暮らす3人の子供たちに会いに行くところから
映画は始まります。
長男は、医者
長女は、美容院を経営。
そして次男は、フリーターのような仕事を。
子供たちそれぞれの東京での暮らし。
そして老いた両親への想い。
映画には、それぞれ立場の違う人たちが
丁寧に描かれているのが印象的でした。

2時間半の映画でしたが、東京でのシーンは
スカイツリーや3.11の震災についても触れられていましたね。
そして、後半の瀬戸内海の小島でののんびりした
暮らしの風景。
ワンシーンワンシーンを大切に撮影されていることが
理解できました。

厳しい時代だけれども、日本人として
一生懸命生きてほしい、監督のそんな想いが
伝わってきました。
日本映画・・・久しぶりに心温まる映画でした。
[PR]
by sumikokko | 2013-01-11 22:30 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

映画 ☆ カラスの親指

阿部寛主演の日本映画です。

阿部ちゃんと言うと東野圭吾の作品が
印象的ですが、今回は詐欺師の役です。

この映画・・・見ていてとても
楽しかった。

ラストは・・・え~そういうことか!
ってな感じです。

映画館で見るほどではないような・・・
個人的な意見ですが。
[PR]
by sumikokko | 2012-12-01 22:07 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)

映画 ☆ 天心の譜(しらべ)

夫婦で久しぶりにシネマート六本木に
映画☆天心の譜(しらべ)を観に出かけた。

映画・・・というよりもドキュメンタリーだよね。
これ!

知的障がい者の人たち、
3.11の震災のことなどを取材していました。

コバケンこと小林研一郎さんの言葉は
素晴らしかったですね。

小さな映画館での上映で、最初は10人程度しか
いなくて大丈夫か?と思いましたが
上映間際には半分以上は席が埋まって安心しました。

隣では、コ・ス主演の韓流映画「高地戦」が
上映されていた。
こっちのほうが面白うそうだと私たち夫婦は
思ったのだった!
[PR]
by sumikokko | 2012-10-28 08:00 | 試写会&映画鑑賞 | Comments(0)